前へ
次へ

弁護士が独立する際の費用

大手の法律事務所に勤務していた弁護士が独立して自分の事務所を構える場合には、多くの費用がかかってしまいます。事務所の賃借料や光熱費などは当然のことですが、関係先への挨拶状の送付費用、事務員の人件費なども発生します。人件費を抑えるにしても、全て自分ですることは難しいので、派遣社員やアルバイトで事務に対応してもらうことが必要になります。弁護士が独立するということは、自ら顧問先を探し当てるということであって、大手の事務所に勤務している状況とは全く異なります。世襲で親が顧問先を有しているような場合は別ですが、そのような基盤がなければ自ら営業努力をして、顧問先を発掘しなければなりませんので、そのためにも費用がかかります。

top用置換

top用置換2
Page Top